がん患者さんやご家族が集えるあたたかい場所に

いのちの授業について知りたい

がんサポートかごしまのいのちの授業について

いのちの授業をする目的は何?
○がんに関する正しい知識を子どもたちに知ってもらうこと
○おうちの人に「がん検診」や「たばこ」のことを話してもらうこと
○がん患者さんへの理解を深めてもらうこと
○いのちの大切さ、生きていることの素晴らしさを知ってもらうこと
○子どもたちが自分の個性を好きになってもらうこと
などを目的にお話させて頂いています。
これまでのいのちの授業について

http://gansapo.jimdo.com/いのちの授業/

いのちの授業についてのブログを読むことができます。

http://gansapo.jugem.jp/?cid=7

いのちの授業の様子                
いのちの授業ってどんなことをするの?
2010年10月の伊敷台小学校での授業練習
ここから「いのちの授業」はスタートしました。
伊敷台小学校(当時)の村末先生、鹿児島国際大学の種村先生にご協力いただきました。
子どもたちもありがとう!
がん患者だからこそ伝えられる「死ぬこと」「生きること」のメッセージを、子どもたちに伝えます。
いのちの授業の様子